診療案内

呼吸器科

呼吸器科では、呼吸器系の疾患の診断治療を行う診療科です。
呼吸器科で診断する主な疾患は、肺炎、気管支炎、気管支喘息、肺結核、肺がんなどです。

【呼吸器科疾患によくある症状】

  • 風邪をひいた
  • 咳が止まらない
  • 呼吸がしづらい
  • すぐに息があがる
  • 痰に血が混ざっている など

消化器科

消化器科とは、食道、胃、小腸、大腸などの消化管と肝臓、胆のう、胆管、すい臓の病気を専門に扱う診療科です。腹部膨満感、胸やけ、食欲不振、胃もたれ、吐き気、胃痛、腹痛、便秘、血便、下痢などでお困りの方、検診で肝機能異常を指摘された方、胃検診や大腸がん検診で異常を指摘された方、胃腸、肝臓、胆のう、すい臓でCT、超音波エコー、胃カメラなどの検査を希望の方は、ご相談下さい。

循環器科

      

患者様の症状には、動脈硬化による心筋梗塞などや、普段の生活の中から不安的要素が生じ、それが精神的な症状に表れるなど、幅広くございます。

そのため、循環器科では、問診による診断や循環器的な検査を行い、循環器による疾患、症状の有無について患者様に分かりやすくご説明し、納得して頂いた上で治療、診察を進めていくよう取り組んでおります。
また、診察の結果で一刻を争う場合もあるため、迅速に心エコーや負荷心電図などの検査を行い、迅速な処置を行います。主に高血圧・高脂血症・狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈・動脈硬化・大動脈瘤などの診断・管理・治療を行っております。

【循環器科の症状】

動悸、息切れ・呼吸困難、チアノーゼ、胸の痛み、胸の圧迫感、背部痛、めまい(非回転性、失神性めまい)、立ちくらみ、むくみ、失神、意識消失発作、心臓突然死、間欠性跛行、急激な四肢痛、など

【循環器の主な病名】

脳卒中、高血圧症、不整脈、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)などがあります。

内分泌・代謝科

内分泌科は、甲状腺、副腎、性腺、下垂体といったホルモンの疾患を専門としています。

甲状腺の病気にはバセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍と言ったものがあり、日本人に比較的多く見られます。当院では、内分泌専門医が甲状腺エコー、甲状腺機能検査を施行し、正確な診断、治療を行っています。ホルモンの疾患は特徴的な体の兆候を示すものから、だるい、脱毛、月経不順といったはっきりとしない症状のものまで多様にあり、専門的な知識をもって診断を行う必要があります。気になる症状のある方は内分泌科にご相談下さい。低身長の相談もお受けしています。
また、診察の結果で一刻を争う場合もあるため、迅速に心エコーや負荷心電図などの検査を行い、迅速な処置を行います。主に高血圧・高脂血症・狭心症・心筋梗塞・心不全・不整脈・動脈硬化・大動脈瘤などの診断・管理・治療を行っております。

代謝科は糖尿病、脂質異常症を主に扱います。当院では食事、運動の指導、薬物治療(内服薬、インスリン)を専門的知識をもって行っています。

経鼻内視鏡

        

わずか5mm、ストローの細さほどの極細の胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。
口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。
普通の会話をしながら検査を行えるほどです。
体にかかる負担も少なく、検査後はすぐ日常生活に戻れます。
気持ちを楽にして検査を受けて下さい。

糖尿病外来

糖尿病外来では、糖尿病患者様に対し食事、運動の指導をすると共に、専門的知識をもって薬物治療も行います。最近の糖尿病治療薬は多くの種類の内服薬及び注射薬があり、これらの適切な使用により血糖の良好なコントロールと合併症の発症、進行抑制を目指します。

鍼灸

     

鍼灸センターでは、その人の性格や体質、精神面など総合的に身体の状態を見極め、治療を行っています。新陳代謝、自然治癒力、免疫力など自分の内なる力を高め、自身の力で治す手助けをしています。
当センターには、肩こりや腰痛、眩暈、頭痛、耳鳴り、便秘、おでき、口内炎、更年期障害、不眠症など、様々な症状の患者様が来院されています。
また、遠方から来られる方も多く、定期的に通うことが出来ない患者様にも、食生活や日常生活で痛い時の対応、簡単にできる運動などのアドバイスをはじめ、自宅でも出来るお灸などの提案も行っています。
西洋医学の治療に、東洋医学の治療をプラスすることによって、相乗効果を期待することが出来ます。
少しでも皆様の日々の健康にお役に立てるような治療を目指しています。興味をもたれた方は、ぜひ一度足をお運び頂き、お気軽にご相談下さい。